【究極のマティーニ・レシピ】おいしいドライ・マティーニの作り方!おすすめのジン,ベルモット,オリーブ,グラス!まずいマティーニ!

最近「ジン」って種類の酒ががちょっとしたブームなんだけど、

そのジンをベースにしたカクテルで最も有名なのが

マティーニ

だろうな!!

酒に詳しくない奴でもその名は聞いたことあるんじゃないか??

大人な雰囲気のバーで、足が付いたグラスでカッコよく飲んでるあれだよ!

マティーニと言えばカクテルの王様って言われるくらいのもので、昔から多くの酒好きに愛されたお酒!美味しいマティーニを作れてこそ一流のバーテンダー!もちろん飲み手側も、マティーニにこだわり、マティーニを語れてこそ、初めて一流の酒飲みとして認められる!

もちろん酒に相当詳しい俺は、自分のマティーニスタイルってのをキッチリ持ってる!!バーに行けば必ずマティーニを頼むし、自分でも自宅でこだわりのマティーニを作ることもある!

それでもまだ完ぺきだとは言い切れない!!マティーニってカクテルは本当に難しく、とても奥が深いカクテルだ!だからこそ、もっと研究したいと思えるくらい面白味がある!

これから家でマティーニを作ってみようと思ってるマティーニ初心者のために、今からわかりやすいマティーニ講座をしようと思ってるんだが・・・覚悟して読んでくれよな

  1. マティーニの種類
  2. マティーニのベースに使うジン
  3. マティーニに合うドライ・ベルモット
  4. おすすめのオレンジビターズ
  5. マティーニを美味しく飲むグラス
  6. マティーニに添えるオリーブ
  7. マティーニ作りに必要な道具
  8. 正統派ドライ・マティーニの作り方
  9. まだあるマティーニの作り方
  10. こだわり派におすすめのジン銘柄
  11. 究極のマティーニレシピ
  12. マティーニに関する書籍
  13. 関連ページ

マティーニの種類

まず言っておかないといけない事なんだが、「マティーニ」ってカクテルはとても幅広く、いろんな種類があるんだ!!

例えば007でおなじみの「ウォッカマティーニ」や焼酎をベースにした「焼酎マティーニ」、日本酒ベースの「サケティーニ」、アメリカなんかじゃ「ストロベリーマティーニ」「チョコレートマティーニ」、最近日本でもフレアバーテンダーの世界で「各種フルーツマティーニ」みたいなものまである!それはみんなマティーニのバリエーション!!

「そんなもんはマティーニじゃねぇ!」

中にはそんな風に言う人間もいるだろうが、俺はそうは思わない!それはそれで立派なカクテルだ!!

だが、「なんとかマティーニ」じゃなく、上に何もつけずただ「マティーニ」と言うならそれはジンベースのドライ・マティーニの事!!

今から俺が話すのはマティーニのバリエーションではなく、あくまでもジンをベースに使った正統派なドライ・マティーニについての話しだからな!



マティーニのベースに使うジン

やっぱり美味しいマティーニを作るなら、ベースのジン選びが一番重要!

最近ジンがブームな事もあって、いろんなジンの銘柄が選べる時代にあるんだが、王道のマティーニを作るなら、やはりスタンダードなジンをベースに使うべきだと考えている!

ちなみにビーフィータやゴードンなど数ある有名な銘柄の中で、俺がマティーニベースに選ぶのはこれ!!

タンカレー

さわやかなジンの特有の風味を持ちながら、他の銘柄以上にスッキリしたキレがある!そのまま飲んでもいいレベルにあるこの酒!ドライマティーニを作るなら、このタンカレーの切れの良さを生かすのが一番いいと考えている!

もちろんタンカレーの上級品!

このナンバー・テンを使ったら一層美味しいのは間違いない!他にもマティーニベースに使いたい美味しいジンの銘柄はたくさんあるんだが(それは後ほど紹介する!)、とにかく最初は普通のタンカレーを使ってみてくれ!

最初からいいジンを使うと誰でも簡単に美味しいマティーニを作れるだろう!でもマティーニってカクテルはそうじゃない!!基本的なジンをベースに使い、それをいかに美味しくできるか試行錯誤、創意工夫をする事を楽しむカクテルなんだ!!

もちろんタンカレーは俺流!!ビーフィータやゴードンを好んで選ぶバーテンダーもいるだろう!銘柄選びは自由で構わないと思うんだが、「なぜこのジンを選んだのか」と聞かれ、その理由をしっかり答えられるくらいじゃないとだめだ!!

マティーニに合うドライ・ベルモット

もちろんだが、ベルモット選びも重要

少ない分量で、香りの存在感を出せる銘柄じゃないといけない!!

ベルモットには、チンザノやガンチア、マルティーニなんか有名銘柄はいくつかあるが、それらではやはり足りない!!

いろいろな銘柄を試し、悩んだ結果俺が選んだのはコレ!

タンカレー+ドランの組み合わせに至った!!

最後まで悩んだ

この銘柄も全然悪くはない!むしろバーでは良く見かける銘柄!!ジンの銘柄が違えばむしろこっちのほうがいいのかなとも思う・・・

おすすめのオレンジビターズ

マティーニのレシピを調べると出てくるのがオレンジビターズ!

あくまでもアクセントとして入れるもんなんだが、アクセントと言うには主張が強い!ジンやベルモットの銘柄にこだわりその味を生かしたいなら、正直ビターズの味でさえ邪魔になるんで、俺は入れないほうがいいと思ってる!

どうしてもビターズを入れたいなら、この二つのどちらかだろうな!

マティーニを美味しく飲むグラス

マティーニは「カクテルグラス」って言われるグラスに入れるんだけど

俺はこれを採用!

130mlっていう容量が少し大きめのグラスに90mlで作る!!

もちろん何を買っていいかわからないって言うんなら

これにしたほうがいい!

マティーニに添えるオリーブ

マティーニに使うオリーブで、一番簡単に手に入るのはコレ!

種をくりぬいたタイプな!!

種なしは他にも

あるから自分の好みで選んでくれ!!

マティーニファンの中には、あえて種付きを選ぶ人も多い!!

種があると知らずに食べると大変だから気をつけろよ!!

間違っても、黒いオリーブを入れるなよ!!

マティーニ作りに必要な道具

マティーニを作るために絶対に必要な道具はこれな!

ミキシンググラス

氷を入れてかき混ぜて中の酒を冷やすための道具!

ミキシンググラスと言えば矢来のこれがド定番!

他にも

カッコイイのもある!!

ストレーナー

これをミキシンググラスにかぶせてグラスに注ぐ!!氷が落ちないようにするためのもの!!

最初から

ミキシンググラスとストレーナーはセットで買ったほうがいいだろう!

バースプーン

バースプーンもいろいろあるんだが

スクリューが一部のものより、これのように全体がスクリューになっているものが断然使いやすい!!

カクテルピン

オリーブをさすピンなんだが、味には関係ないとこなんで好きな物を選べばいいと思う!

つまようじじゃ雰囲気でないだろ!!

メジャーカップ

美味しいマティーニを作りたいなら、キッチリ量を測る習慣が必要!!

アイスピック

マティーニだけじゃなく、いい酒を飲むなら氷は板氷を自分で割って使いたいところ!

このアイスピッケル・ミニは短くて初心者でも使いやすい!!



正統派ドライ・マティーニの作り方

準備ができたらいよいよマティーニ作りが始められるな!

ここから本当に旨い正統派ドライ・マティーニの作り方を詳しく解説していくぞ!!

1・ジンとグラスを冷凍庫で冷やす

ベースに使うジンと、注ぐグラスは冷凍庫であらかじめ冷やしておく事!そのほうが無駄に氷も解けず、冷たいマティーニを楽しめる!!プロなら当たり前の事なんだが、自宅で作る時も仕上がりが見違えるほど違うものになるからやったほうがいい!

2・ベルモットを冷蔵庫で冷やす

もちろんベルモットは冷凍庫で保管!美味しくするためだけじゃなく、品質保持のためにもな!!間違ってもベルモットは冷凍庫に入れるな!!固まっちまうぞ!!

3・ミキシンググラスに氷を入れる

まずミキシンググラスに氷を入れるんだが、氷は製氷機で作った氷ではなくちゃんと買ってきた氷を使え!できれば「カチ割氷」ではなく「板氷」を自分で割って使いたい!適度な大きさの氷でなるべくキッチリ詰めろ!詰めが甘いと後でがちゃがちゃになるぞ!!

4・ベルモットでリンス

氷の入ったミキシンググラスにまずはベルモットだけ注ぐ!量は少なくていいんだが、氷全体にまんべんなくかけるようにな!

それを軽くステア!!

これをする事でまず器具を冷やす事が出来る!さらに氷の表面が少し解け余計な角がとれ、氷の霜を落とす事が出来る!さらにベルモットの香りを器具や氷に付ける意味もある!

ちなみに俺はこのタイミングでオレンジビターズを2滴ほどいれる事もある!

5・ベルモットを捨てる

ミキシンググラスにストレーナーをはめて、氷は中に残し、リンスに使ったベルモットだけを捨てる!!酒を捨てるのはあまりにもったいないんだが、旨いマティーニを飲むためには大事な事なんだ!

(ちなみに俺の流儀では、リンスに使ったベルモットも後で使うんでショットグラスなんかにうつして残しておくんだ!)

6・ジンを注ぐ

液体を捨てたミキシンググラスの中の氷がある程度キッチリおさまっているのを確認!綺麗に詰めて入れていたならば、リンス前よりおさまりが良くなっているはずだ!!

そこにジンを適量入れる!

7・ベルモットを入れる

ここで再度ベルモットを足すんだが、どぼどぼ入れるなよ!!「エクストラ・ドライ・マティーニ」が好みなら、リンスで残した香りだけで十分!さらにベルモットを足す必要はないだろう!

ビターズを入れるならこのタイミングで入れるのが普通の作り方!

8・混ぜる

ミキシンググラスに静かにバースプーンを入れステアするんだが、氷は刻一刻と溶けていく!時間をかけてはいけない!元々ジンを冷やしてるんで冷やす事に時間はかからない!短時間でスムーズに!氷をガチャガチャ言わせないように気をつけろよ!そして余計な事を考えず、無心でな!!自分の心の中がマティーニの味にうつるからな!

9・グラスに注ぐ

ミキシンググラスにストレーナーをはめグラスに注ぐ!!油断するとこぼすからとにかく集中してな!!最後の一滴まで残さずグラスに注いでやれ!

先にビターズをグラスに1滴入れておき、そこに酒を注ぐ方法もある!

10・レモンピール

マティーニを作る作業の中で最も神経を使うのがこのレモンピール!事前にペティナイフや包丁でレモンの皮の部分だけを薄く、1cm~1.5cm角ぐらいで切りとっておき、皮の黄色い部分をグラスに向けてゆっくり曲げていけば、皮表面の油がふわっと飛ぶのがわかる!これでレモンの華やかな香りを付ける事が出来るんだ!

中には液体の表面に油がかかるのを嫌がって、グラス上空の空気をめがけてやる人もいる!どちらにせよ香りは長くは持たないんで、できるだけ飲む直前にな!!

11・オリーブはお好みで

カクテルピンにオリーブをさしてグラスに入れるんだが、中に入れるか入れないかも好みが分かれるとこでもあって、グラスの中に入れず、横に添えてつまみにしてもいいと思う!

瓶から出したオリーブをそのままグラスに入れると、グラスに油が浮いててしまう!!だからと言ってオリーブを水洗いすると水を吸ってしまって余計にまずくなるんだ!

ちなみに俺は、5番の作業でリンスをする際使ったヴェルモットを残しておいて、それを使ってオリーブの油を洗い流すようにしている!

12・完成!

黙って飲めよ!!

まだあるマティーニの作り方

ダーティー・マティーニ

(ジン+ベルモット+瓶詰オリーブの汁)

材料をシェイクしてカクテルグラスに注ぐ!!

瓶詰オリーブの汁は油と塩分が混ざっている!入れると意外!!結構はまる味だぞ!

ウォッカ・マティーニ(ヴェスパー)

(ジン+ウォッカ+リレ)

ウォッカマティーニはベースのジンをウォッカに変えるだけでもそう呼ぶんだが、ここで紹介するウォッカマティーニは映画「007」に登場するでジェームズボンドが飲むカクテル!

分量はジン3に対しウォッカ1で!あくまでもウォッカは少なめな!

映画で出てきたキナ・リレは日本では入手できないのでこの

リレブランで代用!!

シェイクして作り、仕上げのレモンピールにこだわれ!

このカクテルは映画の中でヴェスパー・マティーニと呼ばれている!

チャーチル・マティーニ

無類のジン好きだった昔の英国首相チャーチルのマティーニの飲み方は、ジンをストレートでグラスに注ぎ、ベルモットのボトルを横目で見ながら飲むというもの!!中には秘書にベルモットを飲ませ、息を吹きかけさせながらジンを飲んだって話もあるみたいだ!

これぞ究極のドライ・マティーニだな!!

ヘミングウェイ・マティーニ

酒好きで知られる作家のヘミングウェイのマティーニの飲み方は、ジン15に対しベルモット1!かなりのエクストラドライが彼のスタイル!

スモーキー・マティーニ

(ジン+アイラモルト)

これは王道ではないが、ベルモットのかわりに、スモーキーフレーバーの強いモルトウイスキーを入れるマティーニのスタイル!!!

最初は「別々に飲んだほうがいいんじゃないか!?」って思ってたんだが、一度試すと全く違和感なし!!是非一回試してみてくれ!

ぬるめのマティーニ

マティーニは冷たければ冷たいほどいい!ぬるいマティーニはまずいってずっと思っていたんだが、あるバーテンダーが書いた書籍に、

「歳を重ねると冷たすぎる酒が重たく感じる!ぬるいほうがスーっと体に入ってくるもんだ」

と書いてあったんだ!!

そう言われれば、確かにそう思える節もある!!あえて常温から作り始めて、ぬるめに仕上げる作り方もあるって勉強になったわ!



こだわり派におすすめのジン銘柄

ドライ・マティーニの作り方でいろんな工夫ができる事がわかってもらえたと思うんだが、ジンの銘柄を使い分ける事で、もっと幅が広がる事も知っておいてもらいたい!

「もっと旨いマティーニが飲みたい!」

そんな贅沢なヤツに俺が旨いジンの銘柄を少し教えておこうと思う!!

ブードルス

マティーニで名高い銀座の名店で使われているのが「重たくて甘みがある」このブードルスジン!!これを100回ステアで作る事で有名だ!もちろんそれを、素人がまねして同じ用にできるものではない!素直に飲みに行った方がいいだろうな!

興味があるなら読んだほうがいいぞ!

スター・オブ・ボンベイ

ボンベイ・サファイアは他のジンより軽く、どちらかと言うと強いジンの風味が苦手な人向け!初心者にもいいだろう!!

マティーニ通にはこれ!!

このスターオブボンベイで作るマティーニをすすめたい!複雑な風味が広がって、味わい深いマティーニが楽しめる!

プリマス

このジンは古い時代の風味を今に残したジンで今のジンのような軽い味わいじゃない!これで「ぬるめのマティーニ」を作ってみてほしい!!氷さえ貴重だった1900年代前半を感じる事が出来るだろう!

ヘンドリックス

そのまま飲むとまさに「重厚」って言葉がぴったり!ほんと酒が重たく感じるよ!!

これをベースにベルモットを足して少し度数を下げるだけで、このジンが持つ真の味わいが広がってくるのが不思議だ!!

季の美

ジャパニーズジン!!もったいないんだが、ロンドンドライジンとは一味違うジンなんで、これで和風テイストなマティーニを作ってみてもいいだろ!

究極のマティーニレシピ

長々と付き合わせてしまったが、ここまで読んでくれたやつに、

究極のジンと究極のベルモットの組み合わせを教えておこうと思う!!

セイクレッド

このセイクレッドのジンとベルモットの組み合わせ!!

はっきりって、こんなの

反則

って言うレベル!!

今までマティーニを工夫してきた努力がすべて無駄になるくらい!!

このふたつを混ぜるだけで誰にでも旨いマティーニが出来てしまうんだ!!

マティーニに関する書籍

関連ページ

俺が作った参考になるページだからぜひ見てくれよな!

【おすすめジン】今注目を集める酒と言えばジン!有名銘柄一覧!基本からマニアックまで完全網羅!美味しい,人気、飲み方,国産
本当に酒に詳しい俺だジンに関してももちろん詳しい!そんな俺がおすすめする本当に美味しいジン!ジンの代表銘柄一覧リスト!美味しいジンの飲み方!人気のジンベースカクテル!珍しいジン、マティーニに合うジン、ジントニックに合うジン、ランキング、格安ジン、おすすめジン!ゴードンやタンカレー、ボンベイサファイアだけじゃないぞ!!
【ベルモット】俺がおすすめする本当に旨いヴェルモット銘柄一覧!人気のカクテル!ドライ,甘口,コナンじゃないよ
ベルモットの話をするが、名探偵コナンじゃないぞ!酒の話だ!俺がおすすめする本当に美味しいヴェルモットを紹介する!銘柄一覧、おすすめカクテルレシピドライ、甘口、辛口,スイート,ルージュ,ビアンコ,オランチョなど!コナンのベルモットの正体も気にはなるんだが・・・
【ジン&トニック】本当に美味しいジントニックが作れるおすすめ銘柄!トニックウォーター選び!グラス!おつまみ!カレーに合うお酒!
夏におすすめのお酒と言えばやっぱり!! ジン・トニック 元々ジンは解熱薬!体を冷やす目的で作られ...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。