【痴漢撲滅・冤罪予防】痴漢しそうなヤツは絶対に読め!!痴漢をせずにかわいい女の子の体に触れる方法!!

ナンパ,満員電車,痴漢冤罪,無罪放免,リスク

最近

満員電車での痴漢のニュースを見た!!

俺は通勤ラッシュとか電車が満員になる時間帯に乗る事がないんで知らなかったんだけど、

痴漢野郎って結構いるらしいな!!

そのせいで、

痴漢の冤罪を恐れて、罪のない男達がみんな

両手をまっすぐ上に上げて乗って電車に乗ってるそうだな!

それについてネット上ではいろんな意見があるみてぇだけど、

確かにあれだけの満員電車じゃそうするしかないと思う!!

俺みたいに自営業だと万が一疑われてもいいんだが、

もしお前が会社員で満員電車で毎日通勤してるなら、

最初から疑われないようにするしかないよ!

会社員やってて、

痴漢に間違われ逮捕なんて事になったら人生真っ暗だもんな!!

でも、

そもそも真面目に生きてる無関係な多くの男が、

無駄に両手を上げ疲れなきゃいけねぇのは、

痴漢行為をする野郎のせいだ!!

このブログを以前から読んでくれてる読者の方々は知ってると思うけど、

俺の頭の中はエロい事でいっぱいのダメ人間!

でもよ!

ダメはダメでも、

「男の流儀」だけはちゃんと持ってるんだ!!

酔って酩酊状態の女の子を犯す奴と、

満員電車でこっそりケツ触るようなヤツ!!

そんなヤツだけは

絶対に許さん!!

俺は日本一の女好きだ!!

だからこそ

女の子を守るためなら捕まってもかまわん!!

痴漢を見つけたら必ずシバき倒す!!

この『イケメンの流儀』読者にそんな痴漢ヤツは絶対にいないと思ってるが、

念のために言っておく!!

俺だって毎日女の子を見るたびに、

あの娘のおっぱいいいな・・・あのお尻どうなってんだ・・・

って思ってるよ!!

男だったら、

少なからずみんなそういう気持ちは必ずある!!

でも、

もしそういう気持ちを持ってしまっても、

絶対に勝手にさわるな!!!

ちゃんと

声をかけてからにしろ!!

ダメなら断られるけど、

礼儀正しく話しかければ捕まる事はない!!

しかもオッケーをもらえればこっそりじゃなく、堂々と触っていいんだ!!

だから、

痴漢なんてしょうもない事、絶対にすんなよ!!

俺は

痴漢をするヤツの気持ちなんて正直わかんねぇけど、

どうせ

女の子に声かける勇気がないだけだろ??

服の上からさわりながら内心は、

できれば生でさわりたいって思ってるだろうし、

できればあそこに入れたいって思ってるはず!!

もっと言えば、

自分の精子をこの子の体内に注入したいって思ってるんだろうが!!

いいか、

痴漢は体に触れる事ができたとしても、

絶対にその先はない!!

だがな、

男として堂々と声をかけて成功したならば、

痴漢よりもっと素晴らしい世界にたどり着ける!!

ナンパした事ないから、

どうやって声かけたらいいかわからない!?

そんなお前に一つだけアドバイスをしてやる!!

ナンパするなら紳士であれ!!

チャラそうな声のかけ方は絶対にダメ!

堂々と近づき、

親切心や思いやりを忘れず、

相手を不愉快にさせない話しかけ方を心がけろ!!

そうすれば、嫌な断り方もされず、

意外と話を聞いてもらいやすい!!

万が一それで断られても、スマートに立ち去れ!!

それが

相手への思いやりと、自分へのダメージが一番少ない方法なんだ!!


俺の痴漢撃退エピソード

そういえばこないだ、

池袋のビジネスホテルをとって、

そのあたりで飲んでホテルまでフラフラ路地裏を歩いて帰ってたら、

俺の50mくらい先を、

背中がまる見えのファッションの女の子が一人で歩いてるのが見えた!!

後ろから見ててわかるくらい酔ってる足取り!!

せっかくだから声をかけようと思って歩くペースをあげ、

残り20mまで近づいたとこでなんと!!

痴漢登場!!

黒ジャージに帽子でどんなヤツかよくわかんなかったんだけど、

俺が狙ってる彼女にいきなり抱きつきやがった!!

不思議なもんで、

女の子ってそういう時って悲鳴をあげれないもんなんだな!

そのままビルの陰に連れ込もうとされてた!!

俺の獲物に勝手に触りやがって!!

俺はあんまりにも頭に来たんで、

大声をあげてその痴漢野郎を血祭りにするつもりで襲いかかった!!

俺の奇声に気付いてあわてて走って逃げる痴漢!!

女の子をここに置き去りにも出来ないんで追いかけなかったが、

とりあえずその場は撃退できた!!

その顔を見ればまだ20歳くらいの子!

震えて何も言えなくなってたんで!

俺「もう大丈夫だよ!」

その一言で、

彼女は一気に泣き出した!!

とりあえず家まで送ると言ったんだけど、

まだ痴漢が近くにいるかもしれないと思うと怖くて家に帰りたくないって言う!

彼女「もう少し一緒にいてくれませんか?」

とりあえず、

俺のビジネスホテルに一緒に来る事になった!!

少し話を聞くと、地方から上京してきたばかり!

知り合いも全然いなくて、友達が欲しくて、

最近池袋で流行ってる出会える英国風バーに行っていたそうだ!

彼女「男の人はみんな『酔ってるほうが可愛い!!』とか『お酒飲める子がいい』って言うから・・・」

俺「男が自分の大切な人にそんな事言うわけない!

そんなのは今だけ楽しけりゃいいって思う男の身勝手な意見だ!」

俺「しかもそんなカッコで酔っぱらった足取りしてたら痴漢にあって当たり前だろ!!」

ついつい

彼女にとって追い打ちをかけるようなお説教をしてしまった!!

彼女は目に涙をためたまま俺の顔を見て

彼女「そんなふうにちゃんと言ってくれた人初めて。」

彼女も賢い子!ちゃんと全部わかってる!

東京に出てきて、ちょっと自分に無理をしてただけ!

とりあえずベッドに彼女を寝かせて、

俺は床にでも寝ようと考えてたら向こうから

彼女「ギュッってしてほしい」

ベッドに招かれた!!

彼女の小柄な体、

酔ってたせいなのか少し体温高く汗ばんでる!

お互い言葉もなく、

ベッドの中でしばらく抱きしめ合ってたんだが、先に口を開いたのは彼女

彼女「こういうの慣れてなくて、どうしたらいいのかわかんない。」

俺はすっと彼女の股間に手を伸ばし、

パンツの隙間から指を入れ、濡れたあそこの割れ目に触れてみた!

俺「初めて?」

彼女「うん。」

俺「いいの?」

彼女「うん。」

優しくしたつもりだけど、結構血がでてしまって!

彼女は痛いはずなのに、俺のフィニッシュまでぐっと我慢してた!

そんなけなげなとこが可愛くて、

一週間後に合う約束して横浜を案内しながら一泊デート!

その夜

彼女「私、来月故郷に帰ることにしたの!」

俺「そっか・・・」

彼女「だから今日は思いっきり抱いてほしい。」

その日が彼女とお別れセックスになってしまったんだけど、

別れが惜しいほど・・・・

彼女は人生二度目のエッチなのに見違えるほど大胆で大人っぽいエッチ!

「中で出していいよ。」

彼女から中出し容認!

彼女の小柄な体からあふれるほど!

3発分をたっぷり注ぎ込んだ!



俺の痴漢容疑エピソード!

これはつい先週の出来事なんだけどよぉ!!

朝9:00くらい、

国道を車で走ってて近くのコンビニ寄った時の話なんだが、

そのコンビニがよ、

今時自動ドアじゃない、手で押して開けるタイプだったんだ!!

財布、小銭入れ、スマホを手に持って、さっと入ったんだが、

コンビニで飲み物とおにぎりと新聞を買って

「袋いりません!」

と言ってお釣りをもらって出ようとしたら、

手が一杯でドアが開けにくくてよぉ・・・

自分の肩で押しながら出ようととしたら、

コンビニの外で手に握ったままのお釣りの小銭を落としてしまった!!

金は1円でも拾うたちなんで、もちろん拾おうとしたら

小銭入れのふたを閉めてなかったんで、

小銭入れの中身を全部ぶちまけちまった!!

「あ~どうしよう・・・」

と思ってたその時、

たまたま俺の後に出てきた20代後半か30代前半の女の子が、

俺を見かねて拾うのを手伝ってくれた!!

わざわざ腰を曲げ、地面に落ちた他人のお金を拾ってくれるなんてなんて!!

今時めったにいない、本当に親切な女性!!

一応

最初に言い訳すると、

俺はまったく悪気は全くなかったんだが・・・・

彼女が首から大きく開いたデザインの服を着てたもんで、

彼女が屈んだ時、デカイおっぱいがタップンと見える状態に!!

しかも・・・

ブラとおっぱいの隙間からピンクの部分までチラリと見えちまった!

水戸黄門の印籠と一緒で、

女の子のおっぱいを見ると、

ダメだと思っても目が離せず立ちつくしてその場に固まっちまうよな!!

最悪な事に、

ちょうど俺がガン見してるそのタイミングで

彼女「はいどうぞ」

と小銭を俺のほうに差しだしてきたんで、

完全に俺の視線が胸にある事に気付かれてしまった!!

大ピンチ!!!!

これじゃ完全にただの痴漢行為!

彼女が「キャー」とでも悲鳴を上げれば、

間違いなく痴漢容疑で警察に取り調べを受けるだろう!!!

だが、

あわててもしょうがない!!

開き直って、

口説ききるしかないと考えた!!

俺「お礼に何か飲み物でも御馳走させてください!」

彼女「いや、そんなのいいですよ。」

俺「いや、いや私の気持ちですから是非!!」

彼女「え~ほんとたいしたことじゃないし~」

俺「あ、向かいに○○○珈琲があるんで良かったらご一緒に!!」

開き直ってたとはいえ、

やっぱちょっと焦ってんだろうな・・・多少強引だったかもしれないが

彼女「じゃぁ珈琲だけ御馳走になります!」

なんと

痴漢容疑者から逆転無罪!!

ナンパに成功した!!

珈琲を飲みながら話しを聞くと、

彼女はシングルマザーで子供を幼稚園まで連れて行った帰り!

時間も開いていてちょうど暇だったらしくタイミングが良かった!

彼女は性格がほんと優しくていい子だったんで話は弾み、

カフェで1時間くらい話してたんだが

俺「もうちょっと時間大丈夫なら海までドライブでも行きませんか?」

彼女「3時までに帰れば大丈夫ですよ!」

海の見える公園について、

ベンチに腰掛け風を感じながら

俺「すいません!正直にいます!」

彼女「なんですか?」

俺「さっきのコンビニであなたの胸についつい見とれちゃいました!」

親切な人の気持ちを裏切るような自分の愚かな行為を、

正直に打ち明けあやまった!!

彼女「あぁ~知ってましたよ!いいですよ~」

笑いながら許してくれた!

彼女「なんなら・・・もうちょっと見せましょうか?」

たぶん、

彼女は冗談で言ったんだと思う!

でも俺は真に受けて

俺「お願いします!!」

昼の12:00で雲ひとつない快晴!!

そんな明るい時間に、俺たちは薄暗いラブホテルの中!

自分から自慢のおっぱいを披露したものの、

離婚以来久々のエッチらしくちょっと戸惑い気味!!

彼女へのお礼を込め、

他の子以上に時間をかけ丁寧に愛撫してから挿入!!

彼女の感じるポイントを集中的にせめ先にイカせ、

フィニッシュは彼女のFカップの胸の谷間にドップリと!!

彼女「中でもよかったのに・・・」

時間は結構差し迫ってたんだが、

彼女の言葉に火がついて二回戦へ突入!!

バチン!バチン!

と音がするほどはげしいピストン!!

さっきとは段違いに濡れてる彼女!

足をからめ、

一番奥に当たる場所で中出しフィニッシュ!!

そのまま抜かずにピストンで最後の一滴まで残さず体の膣内に注入!!

とりあえず彼女は性格も体もお気に入りなんで、

来週の昼間も会う予定!

しばらくはセフレとして活躍してくれそうだ!



俺のナンパがうまくいく俺の秘密兵器!!

俺の話を聞いたら、

痴漢なんかせずに、

堂々と声をかけてナンパしたほうがいいってのがわかっただろう??

でも、ナンパする勇気がない・・・

そんな奴のためにいい事を教えてやる!!

俺は、

女の子に話しかける時は、

からずこれ

フェロモン香水を使ってる!!

フェロモン香水を付けると、

不思議と男としての自信がわいてくる!!

香水をつけてるから俺は大丈夫!!

そう思えるからこそ、

どんな女の子にも自信を持って積極的に話しかけられる!!

香水を付けてないとそんな勇気はわいてこないよな!!

もちろん効果はそれだけじゃない!!

フェロモン香水を使えば、

実際に声をかけた女の子の反応もよくなるし、もちろんセックスの内容も違う!!

今日は絶対!!っていう勝負の日!

俺のおすすめはこれ!!

フェロモンサプリと

フェロモン香水の併用!!

必ず俺の期待にこたえ結果をもたらしてくれる!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。